敏感肌対策






トップページ » 敏感肌のお手入れ方

敏感肌対策

敏感肌のお手入れ法を調べてみました

肌の潤いというのは皮脂、天然保湿因子(NMF)、

セラミドからなる細胞間脂質という3つの物質によって角質の水分量が一定に保たれています。

でも、気温や湿度の低下によりこれらの物質が減少し、乾燥肌を引き起こしてしまいます。




ヒアルロン酸やコラーゲンが不足することでも起こります。

両者とも、もとは体内にある成分ですが、歳をとるにつれて減少。

また、老化による代謝機能の低下も大きな要因になります




食事やストレス、睡眠不足によっても乾燥肌を引き起こし易くなります。

十分な栄養、特に乾燥肌に関わりの深いビタミンCやヒアルロン酸、

コラーゲン、プラセンタといった成分が不足すると乾燥肌になりやすくなります。




乾燥肌になる症状として化粧がうまく乗らなく、ファンデーションが浮いた感じになったり

目元など皮膚が薄い部分の皮がむけ顔全体がカサカサになることが挙げられます。



また、体調は悪くないのに肌の不調だけが続いたり大人ニキビが出来るのもそうですね。




乾燥しがちな冬のお手入れ法としてタオルを使って青グマを解消!

顔の形をしたマスクは有効な乾燥肌ケアです。




保湿用のシートマスクの目安は15分。長くても30分までにして下さいね。

マスクが乾きはじめると同時に肌の水分まで一緒に

奪っていることがあるので長時間のシートマスクは厳禁です。





乾燥がひどいといつもの化粧水がピリピリとしみることがあります。

湿度は大事ですが、無理は禁物ですので、
 
すぐに中断して、おさまらないようなら一度洗い流すことも必要です。




化粧水がしみるほど乾燥している時は、乳液やゲルを試してみるのも方法のひとつです。

FX取引機能で比較